鶏口 牛 後 意味 - 🤭 - api.whenhub.com

鶏口 牛 後 意味 鶏口牛後(けいこうぎゅうご)の意味・使い方

鶏口牛後(けいこうぎゅうご)の意味・使い方。大きな集団や組織の末端にいるより、小さくてもよいから長となって重んじられるほうがよいということ。 「寧ろ鶏口と為るも、牛後と為る無かれ」の略。「鶏口」は鶏の口(くちばし)。弱小なものの首長のたとえ。「...

鶏口 牛 後 意味 「鶏口牛後」(けいこうぎゅうご)の意味

四字熟語「鶏口牛後」の意味。鶏口牛後とは、大きな組織に入って上の人に付き従い言いなりになるより、小さな組織だとしても上に立つほうがよいということ。「鶏口」は鶏の口ばしのことで、小さな組織の長という意味。「牛後」は牛の尾のことで、大きな組織の末端という意味。戦国時代

鶏口 牛 後 意味 鶏口となるも牛後となるなかれ - 故事ことわざ辞典

「鶏口」=鶏の口の意味から転じて、小さな団体の長のたとえ。 「牛後」=牛の尻の意味から転じて、大きな団体に従って使われる者のたとえ。 【出典】 『史記』蘇秦列伝 【注意】 「鶏口」を「鶏頭」、「牛後」を「牛尾」とするのは誤り。

鶏口 牛 後 意味 「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味と由来、類語、対義語、理由...

「鶏口となるも牛後となるなかれ」とは「大きな集団の末端になるより、小さな集団であっても長になる方がよい」を意味することわざです。由来は『史記』にある中国戦国時代の弁論家、蘇秦の言葉です。短縮した四字熟語が「鶏口牛後」です。

鶏口 牛 後 意味 「鶏口牛後」の意味と読み方、語源由来、使い方、類語、対義語を例文...

「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」とは「たとえ小さな集団でも、その中のリーダーになる方が、大きな集団の末端になるよりはよい」という意味の四字熟語です。「寧(むし)ろ鶏口と為(な)るも、牛後と為る無なかれ」の略です。「鶏口」はニワトリの口ばし、「牛後」は牛のお尻を指します ...

鶏口 牛 後 意味 「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味とは?由来と類語も解説

ことわざ 20 小倉あずき 「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味とは?由来と類語も解説 「鶏口となるも牛後となるなかれ」は、四文字熟語の「鶏口牛後」という形でも用いられていることわざで、岐路に立つ人へのアドバイスや座右の銘としてよく登場します。

鶏口 牛 後 意味 「鶏口牛後」とは?意味や使い方を解説!

「鶏口牛後」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「鶏口牛後」の意味や使い方を解説していきます。また、類語・対義語も合わせて解説します。

鶏口 牛 後 意味 「鶏口牛後」の意味と読み方は?由来の漢文・現代訳と後半も紹介

「鶏口牛後」という言葉を知っていますか?漢字をみても、いまいち意味がわからない漢字ではないでしょうか。今回は「鶏口牛後」の意味や由来となったお話を紹介します。

鶏口 牛 後 意味 鶏口牛後(けいこうぎゅうご)の意味・使い方

一方、「牛後」は牛の尻のことです。「鶏口」は、小さな組織の長を意味し、「牛後」は大きな組織の末端を意味します。 原文 臣所 レ 好者道也。 進 二 乎技 一 矣。 始臣之解 レ 牛之時、所 レ 見無 二 非 レ 牛者 一。三年之後、未 三 嘗見 二 全牛 一 也。

鶏口 牛 後 意味 鶏口(けいこう)の意味 - goo国語辞書

鶏口(けいこう)とは。意味や解説、類語。1 にわとりの口。2 小さな団体の長・頭 (かしら) のたとえ。 - goo国語辞書は30万3千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。




2021 api.whenhub.com